睡眠サプリで副作用は起きる?

MENU

睡眠サプリで副作用は起きる?気になるリスク大調査!

お皿に盛られたサプリ

 

自然に眠くなってくれると今注目されているのが睡眠サプリです。薬ではないので依存性がほとんどないというのも、注目されている理由の一つです。

 

そのようなよい面ばかりがクローズアップされやすい睡眠サプリには、悪い面である副作用はあるのでしょうか?

 

気になる睡眠サプリの副作用の有無をお調べしてまいりましたのでご覧ください。

 

睡眠サプリとは何か

 

そもそも睡眠サプリについてあまりよく知らないという人も少なくないかと思いますので、まずはじめに『睡眠サプリとは何か』を簡単にご紹介したいと思います。

 

睡眠サプリは、その名の通り、睡眠に関する悩みがある人が飲むことにより、快適な睡眠をとることができるようになるというサプリです。

 

病院で処方される睡眠薬とは違って、眠気を引き起こしてくれる睡眠ホルモンに働きかけるものが一般的です。

 

そのため、病院処方の睡眠薬と比較すると効果は弱いものの、依存性が低く自然な眠りにつくことができると言われています。

 

体質を改善してくれる

 

睡眠サプリはサプリメントであり、医薬品ではありません。風邪などの病気の症状を『治す』という医薬品ではなく、『体質を改善する』というサプリメントなのです。

 

そのため、配合されている成分も直接眠気をもたらすものではなく、睡眠ホルモンなどに働きかけて自然に眠くなる体にするものが使われています。

 

また、現状を少しでも早く改善するために体に負荷のかかりやすい医薬品ではなく、無理なく少しずつ体質を変えていくサプリメントであるので、体力に不安があるという人でも無理なく続けることができます。

 

さらに、サプリメントは『健康食品』というくくりに入っているため、食品になります。私達が普段口にしている食べ物と同じ枠に入るわけですね。

 

そもそも副作用自体が起こりにくい、体に優しい成分を中心として作られているんですね。

 

これらのことから、睡眠サプリを飲むことによる副作用の心配はほとんどないということがおわかりいただけたかと思います。

 

稀に副作用が起きることも?

 

処方箋が必要な化学薬品などが使用されていない睡眠サプリは、飲むことによって副作用が起きることはほとんどありません。ですが、稀に副作用が起きることもあるんです。

 

睡眠ホルモンに働きかけるという睡眠サプリを飲むときに、精神安定剤や抗うつ薬などを併用して飲むと動悸や血圧の上昇などが起きることがあります。

 

また、植物由来の成分が配合されていることが多い睡眠サプリを飲むときには、その植物にアレルギーを持っている場合にアレルギー反応が起きる可能性があります。

 

そのため、現在服用している薬があるという場合には主治医に相談してから飲んだり、飲み始めて体調が悪くなったら服用をやめて医師に相談をしたりして、ひどい副作用が起きるリスクを少しでも減らすようにしましょう。

 

おすすめ関連ページ

睡眠薬との飲み合わせも安心、マインドガードDXの実飲レビュー>>>