妊婦 不眠 睡眠薬

MENU

妊婦さんの自己判断で睡眠薬を飲むのはやめましょう

どうしても不眠症状が辛い場合、妊婦さんは睡眠薬を飲んでもいいのでしょうか。

妊婦さんは風邪薬から便秘薬まで、たいていの一般的な薬でも飲まない方が良いとされています。
それは、お腹の赤ちゃんに影響が出るのではないか、という心配からです。

 

成人であれば薬は体内に入っても、肝臓の薬物代謝酵素によって水に溶け、尿や便によって、体外へ排出されます。
ところが、お腹の赤ちゃんはまだ肝臓の機能がじゅうぶんではありません

 

 

睡眠薬の大部分は、胎盤を通して赤ちゃんに移行する可能性が高いのです。
ですから、母親が飲んだ薬は赤ちゃんの身体に取り込まれやすいため、奇形などの影響がでると考えられています。

 

 

例えば、有名な睡眠薬であるアステラスの『マイスリー錠』には注意書きとして、妊婦さんへの投与についてこう書いてあります。

 

 

「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。」

 

 

妊娠中の服用に関する安全性は確立されておらず、妊娠後期に服用した場合、赤ちゃんにけいれんや仮死状態が起こることもある


というような内容の記述もあります。

 

 

市販されている睡眠改善薬の『ドリエル』には、
「妊婦または妊娠している可能性のある人は服用しないでください。」
とはっきり書いてありました。

 

 

少なくとも妊婦さんの自己判断で、睡眠薬を飲むのはおすすめできません

 

妊婦さんと睡眠薬

眠れないことをストレスに思わず、ゆったり過ごしましょう

 

そうは言っても、アルコールや喫煙に比べたら、睡眠薬のたぐいも奇形の可能性はかなり低くなります。
睡眠薬を飲まないと全く眠れず、妊娠生活に支障をきたすようならば飲んだ方が良いと、担当医も判断するでしょう。
そこまで重度な不眠症じゃない場合は、なるべく薬の力を借りずにのりきる、という選択をすると思います。

 

 

飲まずにいたら精神的にも不安定になり、それが逆に赤ちゃんに悪影響を及ぼすようであれば、飲んだ方が母体にも赤ちゃんにも良い、ということになります。

 

 

要は、

睡眠薬を飲むメリットと飲まないメリットを秤にかけ、その妊婦さんにとって一番ベストな選択肢を取る。

ということが大事だと思います。

 

 

赤ちゃんが生まれると、女性の生活は一変します。
とくに睡眠リズムが今までの生活とは大きく変わってしまうのです。
夜中でも赤ちゃんが泣けば授乳しなくてはならず、昼夜逆転の生活になることも。
夜眠れないため、昼間は赤ちゃんのお昼寝と一緒に自分も寝てしまわないと体力が持ちません。

 

 

妊娠期間中の睡眠障害は、その予行練習だとも言われています。
赤ちゃんと過ごす少し先の未来のためにも、眠れないからとあまり神経質にならず、ゆったりした気持ちで過ごしてみてはどうでしょう。