妊婦 不眠 

MENU

妊娠初期の眠りの悩み、原因は何でしょう?

妊娠すると眠くて眠くて仕方がない、という話をよく聞きます。
逆に妊娠する前より眠れなくなってしまったという、不眠症の症状を訴える方もいます。

 

なぜ妊娠初期の妊婦さんには睡眠障害の症状が出てしまうのでしょう。

まず一番の原因としては、ホルモンバランスが変化したことが挙げられます。

不眠,睡眠,妊婦,妊娠初期,眠れない

女性ホルモンには、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という2つのホルモンがあります。
この2つが増えたり減ったりして、妊娠を継続させていきます。

 

 

妊娠初期に増えるホルモンはプロゲステロンのほうですが、このホルモンには睡眠作用があります
我慢できないほどの眠気に襲われる妊婦さんが多いのはそのためです。

 

 

ただプロゲステロンには体温を上げる効果や利尿作用もあります。
体温が高いとぐっすり眠る妨げになりますし、途中でトイレに行きたくなって起きてしまうのも不眠につながります。

 

 

また、初めての妊娠や母親になることへの不安など、ホルモンバランスが変化することで、ストレスも感じやすくなり、ストレスが原因の不眠に発展することもあります。

 

 

他にも、妊娠初期ということで切迫流産になりやすく、安静にした方が良い方などにあてはまることですが、今までよりぐっと運動量が減ってしまうことも不眠の大きな原因のひとつです。

 

妊娠後期には、眠れない原因がいっぱいです

 

妊娠後期になると、プロゲステロンは減少し、今度はエストロゲンの分泌量が増えてきます。
エストロゲンは睡眠に大切な自律神経をコントロールする作用もあるため、過剰に分泌されると質の良い眠りに悪影響を及ぼします。

 

 

ホルモンによる内的な原因だけでなく、妊娠後期になりお腹が大きくなってくると、どうしても身体の構造上、眠りにくいものです。
寝返りも上手にうてなくなりますし、仰向けやうつ伏せなどでは眠れませんよね。

 

 

赤ちゃんの胎動も激しくなり、常にお腹が内側から蹴られている状態。
大きなお腹を支えているため、腰痛を訴える方も増えます。
大きくなった子宮が胃を押し上げ、胃痛などの痛みで眠れないことも

 

 

さらに、大きくなった子宮は下にある膀胱をも圧迫するので、頻尿のせいで夜中何度も起きてトイレに行かなくてはいけません。

 

 

このように赤ちゃんが大きくなってくる妊娠後期は、さらに不眠を引き起こす条件がそろってしまうのです。

 

 

もちろん出産が近付いてきて、精神的な不安が強くなり不眠に陥ることも。

 

 

 

 

妊娠しているあいだの一時的な症状だと思ってはいても、夜眠れないというのは本当に辛いものです。
お腹の赤ちゃんのためにも、妊婦さんが心穏やかにぐっすり眠る方法があるといいですよね。