マインドガードDX 自律神経失調症 更年期障害

MENU

マインドガードDXで自律神経失調症や更年期障害が改善される?気になる口コミも調査!

不調の中年女性

 

めまいやふらつき、イライラするなどの情緒不安定などで悩んでいる人も少なくない『自律神経失調症』や『更年期障害』。これらの悩みを、睡眠サプリであるマインドガードDXが解消してくれるという噂があります。

 

そこで、実際にマインドガードDXでこれらの悩みが解消されるのかどうかをお調べしてまいりましたのでご覧ください。

 

 

『これは私ではなく私の弟の話です。

 

自律神経失調を発症してから数年、睡眠薬や鎮痛剤などの病院から処方された薬を飲んでいても一向に症状が改善されなかったため、こちらのサプリを勧めました。
副作用に悩んでいたこともあり、ダメ元で飲んでみることにしたようです。

 

天然成分のみでできているということから副作用がなかったことが大きかったようで、しばらく飲んでいました。

 

すると、それまで手放すことができなかった睡眠薬や鎮痛剤を飲まなくても生活ができるようになったんです。

 

自律神経失調症には完治と呼ばれる基準がないためはっきりとしたことは言えないのですが、弟によると「もう普通に過ごせているよ」とのことでした。

 

実際に効果があったということですね。』(33歳 男性)

 

 

『更年期障害のためかイライラすることが多く、ストレスで不眠症気味なっていたのでこちらを飲むことにしました。

 

飲み始めてから1週間ほどたったあたりから、心が穏やかになったような気がしてきました。

 

それに伴って、夜も自然と眠くなるようになってきたんです。イライラすることもほとんどなくなって、反抗期の子供と接しても怒ることが減りました。

 

少し味に特徴はあるのですが、飲んでみてよかったなと思えるサプリでしたね。』(45歳 女性)

 

 

 

症状の緩和はセロトニンが関係しているらしいです。

 

マインドガードDXは、セロトニンを補うことによって体をしっかりと休め、快適な睡眠をとることができるという睡眠サプリです。

 

この『セロトニン』が、自律神経失調症や更年期障害の症状の緩和に期待ができる成分なんです。

 

セロトニンは、体の中に元々ある神経伝達物質であり、その働きは自律神経を整えるというもの。セロトニンが不足することによって自律神経が上手に調整できなくなり、自律神経失調症や更年期障害、うつ病や不眠症などが引き起こされてしまうんです。

 

マインドガードDXによってセロトニンを体の中に取り入れることで、これらの症状を緩和することができるんですね。

 

おすすめ関連ページ

マインドガードdx実飲レビュー>>>

【コラム】 誰でもなりうる?自律神経失調症の症状・原因・なりやすい人の特徴

 

最近耳にすることも多い『自律神経失調症』。この自律神経失調症とはいったいどのようなものなのでしょうか?気になる概要や原因など、自律神経失調症のアレコレについてお調べしてまいりました。

 

主な症状

 

自律神経失調症の主な症状としては、だるさやめまい、微熱や口やのどなどの不快感などが挙げられます。

 

また、身体的な症状以外にも、イライラや不安感、やる気がでなかったり感情の起伏が大きくなったりなどの精神的な症状が出ることもあります。

 

以前に比べて『自律神経失調症』が広く知られるようになったことから、身体的な症状に悩んで内科を受診して、心療内科を紹介されて自律神経失調症だと診断されたという人も少なくありません。

 

原因とは

 

自律神経失調症に陥る原因としては、その名前の通り自律神経のバランスが崩れることが挙げられます。

 

『生活リズムの変化』や『ストレス』、『ホルモンバランスの変化』など、自律神経のバランスが乱れる原因は、生活の中に多々あるものです。

 

もちろん、全ての人が陥るというわけではありませんが、様々な原因が複雑に絡み合うことによって、結果として自律神経失調症になってしまうんですね。

 

体調や絡み合うタイミングによっては、どんな人でも陥る可能性があるのが自律神経失調症です。

 

なってしまった人や自分を責めるのではなく、上手に付き合っていく方法を考えるようにしましょう。

 

なりやすい人とは

 

自律神経失調症は誰でもなる可能性のあるものです。ですが、中にはなりやすい人というのも存在しています。

 

ストレス耐性が低い人

 

自律神経失調症に陥ってしまう一番の原因はストレスです。

 

生活環境の変化や仕事やプライベートなどのストレスが急激にかかることで、自律神経のバランスが崩れて自律神経失調症になってしまうのです。

 

そのため、ストレスを上手に解消できないというストレス耐性の低い人は自律神経失調症になりやすいと言えるでしょう。

 

更年期障害である人

 

ホルモンバランスの乱れから感情の起伏が大きくなって自律神経失調症になってしまうという人もいます。

 

そのため、特に閉経間近の女性に多い更年期障害も自律神経失調症の原因となることがあります。

 

更年期障害は避けようと思っても避けられるものではないため、心を落ち着かせるお茶を飲むなどして、心の乱れを少しでも抑えるようにしましょう。

 

大きな環境の変化があった人

 

環境の変化によって知らず知らずのうちにストレスを感じてしまって自律神経失調症になってしまうということもあります。

 

進学や就職などの環境が大きく変わるときには、それまで継続していた習慣や趣味などを続けることによって『今までと変わらない時間』を作り出すことが大切です。

 

息抜きにもなるこの時間を作ることで、精神面への負担を減らし、自律神経失調症へ陥るリスクを少なくすることができます。