トリプトファンの取り方 

MENU

安眠に欠かせない『トリプトファン』 おすすめな取り方やタイミングまとめ

ぐっすり眠っている白人女性

 

心地よい睡眠をとるためには欠かせないというトリプトファン。実はこのトリプトファン、体の中で作られるものではないんです。食べ物などで外から体の中に取り入れる必要があります。

 

そこで、安眠とトリプトファンとの関係や、より効果を上げるためにおすすめな取り方やタイミングなどを、わかりやすくおまとめしました。

 

安眠に欠かせないトリプトファンとは、「セロトニン」の元だった!

 

トリプトファンは、日中の起きている間に作られるセロトニンのもととなる成分です。

 

セロトニンは、イライラや情緒不安定などの心の乱れを抑え、穏やかな心を保つことができる神経伝達物質です。心にやすらぎをもたらしてくれることから、幸せホルモンと呼ばれたりもします。

 

それに加えて、このセロトニンは安眠をもたらしてくれるというメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンの原料となります。

 

メラトニンが体の中に多い状態を作り出すことで、『夜になったら眠くなる』『朝までぐっすりと眠れる』といった、自然な睡眠ができる体を作ることができるんです。

 

つまり、

睡眠ホルモンであるメラトニンを多く作り出すためには幸せホルモンであるセロトニンが必要

 

↓↓

 

セロトニンを増やすためにはトリプトファンを取り入れることが有効

だということなんですね。

 

日中にトリプトファンからセロトニンが作り出されるため、それより前の時間である朝にトリプトファンを取り入れることで、より効率よくセロトニンを作り出すことができるんです。

 

取り方は空腹時がベスト

 

トリプトファンは必須アミノ酸の一つです。食べ物には、トリプトファン以外にも様々なアミノ酸が含まれています。

 

アミノ酸同士は一緒に取り入れることで競合してしまい、その効果が十分にが発揮されないということがあります。そのため、ただ取り入れるだけではなく、取り入れるタイミングというのも大切なポイントなんです。

 

そして、最もその効果が期待できるのが『空腹状態の時』です。

 

他のアミノ酸が体内に取り入れられていない状態でトリプトファンを取り入れることで、他のアミノ酸と競合することなくしっかりと働いてくれます。

 

つまり、トリプトファンを取り入れる理想のタイミングは、朝の空腹時だということなんですね。

 

朝食に納豆が理想?

 

トリプトファンが多く含まれている食べ物として有名なのが納豆などの豆類です。

 

100g中になんと250rものトリプトファンが含まれているという納豆は、血液をサラサラにして血行をよくしてくれるという効果も期待できるため、取り入れたトリプトファンをしっかりと脳まで届けられるという面でも理想的な食べ物だと言えるんです。

 

また、朝が弱いという人には、果物やフルーツジュースなどのブドウ糖と一緒にトリプトファンが含まれている食べ物を取り入れることで、体全体を目覚めさせてトリプトファンの効果をより高めるということもできるのでおすすめです。

 

納豆以外にも、『肉類』や『チーズ』などにもトリプトファンが多く含まれています。

 

朝はご飯が良いという人は納豆を、パンが良いという人は肉類やチーズなどをというように、自分のスタイルに合った食事で無理なくトリプトファンを取り入れていくようにしましょうね。

 

どうしても忙しくて朝食に時間がさけないという人は、トリプトファン含有のサプリメントを上手に活用することでその効果を実感することもできるので、選択肢の一つにいれるのもよいかもしれませんね。

 

おすすめ関連ページ

トリプトファンを含んだサプリ、マインドガードDXのレビュー>>>

関連ページ

これを食べて不眠症改善!
不眠症改善を促してくれる食材やレシピをご紹介します!
インスタント食品がNGな理由
インスタント食品は体に良くないというのは何となくわかる方が多いでしょうが、睡眠にも良くないということを知っていましたか?その理由をご紹介します!