不眠 原因

MENU

不眠で悩む方、日本で急増中!原因は5つのP?

不眠,原因,眠れない

 

今や日本人成人の約4人に1人は睡眠に関する悩みを抱えていると推定されています。
さまざまなタイプの睡眠障害がありますが、その中でも眠れないという不眠症で悩む方が多くなっています。
以下不眠の代表的な原因や背景についてみていきましょう。

 

 

 

不眠の原因を大きくまとめると「5つのP」に集約することができます。
このPとは、5つの英単語の頭文字をとったものです。

 

 

生理的要因

Physiological)

勤務している会社がシフト勤務で昼夜逆転してしまったり、海外旅行や出張による時差ぼけなど、(日本での)朝起きて夜眠るという生活リズムが崩れたりすることにより不眠になってしまうことが比較的多くみられます。

 

 

たとえば夜勤のある看護婦さんなど、日勤のみの方に比べて体が疲れやすく、心臓疾患などの病気になりやすいという報告もあります。

 

 

交代制勤務や夜勤などで、起きている時間が長ければその分疲れて眠れるのでは?と思いがちですが、この生活リズムが眠りやすさに影響するところが大きいため、仕事でフラフラになって帰ってきてもなかなか眠れないということが発生してしまうのです。

 

 

このほかにも、騒音、寝具との相性、不適切な室温などもこの生理的要因に含まれます。

 

 

身体的要因

Physical)

痛み・かゆみ・咳・頻尿など、さまざまな身体的不調がもとになって不眠になることがあります。

 

 

薬剤性要因

Pharmacologic)

名前の通り、鎮咳剤(咳止め)やステロイドなどの薬剤の影響による不眠もありますが、嗜好品による不眠も意外に増えてきており見逃せません。
皆さんの中にも、夜遅く仕事から帰ってきてふっと一息、大好きなコーヒーや紅茶でひと休み・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしながら、カフェインは寝る前のアルコールやたばこと同じく、中枢神経を興奮させ、入眠を妨げる働きがあるため、特に寝る前に多くとってしまうと不眠の原因になってしまいます。