不眠 解消

MENU

テレビをみる

 

私は、寝たいのに寝られないとき、目をつぶっていても余計寝られなくなってしまいます。
そんなとき、思い切って起き上がり、テレビをみることにしています。
でも、部屋の電気は暗くしたままで、テレビの音量は小さめにします。
なんとなくぼーっとみていると、眠くなってくるので、そのときはテレビを消してベッドに入ります。

 

 

この方法は、私は昔からやっていましたが、テレビ番組でも紹介されていたこともあります。
眠い時に無理に寝ようとすると、余計眠れなくなり、ストレスになるそうです。
また、外に出るなど、あまり動き過ぎても目が覚めてしまうそうです。

 

ちょっと起き上がって、リラックスしたまま、目を疲れさせる、という目的から、テレビを見るのが一番いい方法だそうです。

スマートフォンを使用する、という方法もやっていましたが、寝る直前まで画面をみるのがよくない、という話を聞いてからやめました。
テレビ画面を暗い中みているのも目によくない気もしますが、一番ストレスをためず、簡単にできる方法だと思います。

 

活字の本や動画を見る

 

夜、明日も仕事なのになかなか眠れない時ってありますよね? 無理やり寝ようとしても逆効果です。ますます眠くなくなってしまいます。
目を疲れさせる

 

そんな時の対処法、私が行って実際効果があったのは二つです。

 

まず一つ目。これは割りとポピュラーな方法だと思いますが、活字の本を読むことです。
一旦電気をつけて、書棚から難しめの本を選んでください。
30分もすればだんだん眠くなってきます。
ポイントは難し目の本、というところです。
逆にこれが自分の好きなジャンルの本だと、おもしろすぎて興奮してしまい、むしろ気が付くと朝チュン状態なってしまった、ということもあり得るので気をつけましょう。

 

 

そしてもうひとつの方法。
私的にはこちらのほうが効果が高いと思います。
なんの難しい方法でもありません。至極簡単な方法です。
ニコニコ動画やYouTubeで昔のゲームのプレイ動画を横になって見ます
これだけです。

 

ジャンルはアクション。それも難しいものではなく、割りと単調なものがいいです。
動画の中には実況者さんの声が入っているような物もありますが、そういったものではなく、ただひたすらプレイしている動画が望ましいです。
タイムアタック系などが一番いいでしょう。
見始めはなんでもないですが、10分もしないうちに眠気が襲ってきます。
これは本当に効果が高く、おすすめの方法です。