不眠 解消

MENU

簡単なストレッチ

寝たいのに寝れない,不眠,解消,体を温める

夜寝たいのに寝れない時は、私はストレッチをします!

ストレッチといってもとても簡単なものです。
ベットの上に寝転がり、天井に向かって足を高く上げます
これだけで、下半身に溜まりがちのリンパの流れが上半身に向かって流れていく効果があり、むくみの解消にも効果があります
足を触ってみると足が柔らかくなっているのが実感できます。

 

 

続いて両手を万歳して上に伸びます。この繰り返しを10回くらいやると体がとってもぽかぽかして、私は良く寝付けます
リンパの左肩から流れていくそうなので、両手の万歳を繰り返すと体全体のリンパの流れが良くなり肩こりなどの解消にも繋がるそうです。

 

 

壁に足をつけれない場合は、両足と両手を高く上げてバタバタするだけでも足や体がすっきりして、体がぽかぽかしてくるのでおすすめです。
それでも寝付けない時は、ハーブティーや、ホットミルクなどを飲みます!
私の場合は、やはり体を温めると寝れるようです。

 

 

明るい光を浴びすぎない

 

私は、いつもだいたい寝つきのいい方だと思いますが、決まって日曜はベッドに入ってもなかなか寝付きが悪いです。
おそらく土日の休みで朝起きる時間帯がずれてしまったことや、平日とのライフスタイルの違いで疲れ方やリズムが変わったことが原因だと思っています。

 

 

しかし、休みの日はなるべくゆっくり寝たいですから、出かける時間も遅くなってしまうことは仕方のない事だと思います。
では、次の日に仕事を控えた日の夜、寝付きをなるべくよくするには、どうすればいいのでしょうか。

 

 

私は、寝付きをよくする方法の一つとして、よく前の日の夜ご飯を早めに取り、お風呂や次の日の準備などもいつもより早めにすることを心掛けています。
そして9時ごろになったら、リビングの照明をなるべく暗くして過ごすように心がけています。
なるべくテレビなども見ずに、本などを読みながらゆっくり過ごす
できれば、ベッドに入った状態で本を読み、温かい飲み物などを飲んでいると、体がぽかぽかしてきて自然と眠たくなってきます。